じゃあ まあいっか

ジャマイカと算数と俺とエビ。。。

ジャマイカの小学生が、10-5を10にしてしまう想定外な計算方法

こんにちは。ジャマイカで青年海外協力隊として算数を教えているフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

先日、ジャマイカの小学一年生に引き算のテストを行ったのですが、その中で不思議な間違いをしている生徒が何人かいました。

 

 

こちらはある生徒の解答用紙です。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170718070421j:plain

一生懸命やっているのは分かりますが、間違えだらけ。

 

先生は「練習が足りないのよ」と言っていましたが、本当にそうでしょうか?

この生徒の間違えた理由がなかなか興味深かったので、今日はそれについて書いてみようと思います!

 

続きを読む

「引いて残った数」だけが引き算じゃない!意外と難しい小学一年生の求残・求補・求差の教え方

こんにちは。ジャマイカで青年海外協力隊として算数を教えているフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

 

突然ですが、皆さんが小学校一年生に引き算って何?と聞かれたらどうやって答えますか?

 

 

大人としては

「何個かの物からいくつか取って、残りの数を求める計算だよ」

 

という人が多いんじゃないかと思います。これ引き算ですもんね。

 

でも、引き算=この計算と教えてしまってもいいんでしょうか?

 

例えば、こんな計算はどうでしょう。

 

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170714060053p:plain

 

7個のりんごと5個の青りんごがあったとします。

りんごと青りんごの数の違いはいくつですか?

 

これも引き算で7-5ですよね。

ここで「いくつか取るのが引き算だよ」と教わっている子どもは???と思ってしまうわけです。

ここでは大きさを比べているだけで、「取る」とか「引く」とかいう作業は行われていません。

 

このような色々な引き算を僕たち大人は一般化して捉えていますが、子どもにはまず最初に「引き算とはどういう計算なのか」ということ、計算の意味をしっかり指導しなくてはいけません。

 

今日は、簡単なようで奥が深い、一年生の3つの引き算の指導を考えたいと思います。

続きを読む

ジャマイカ人のケーキの切り方から感じる「考え方の違い」と「幸せの定義」

こんにちは。ジャマイカのフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

 

先日ジャマイカのお楽しみ会に参加したときに、先生のケーキの切り方を見て「うわ~ジャマイカ人だな~」と思ったことがありました。

 

今日はそんな出来事から感じたことを書きたいと思います。

続きを読む

ジャマイカの小学校の「お楽しみ会」が衝撃的だったので報告いたします。

こんにちは。ジャマイカのフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

 

突然ですが、みなさん「お楽しみ会」覚えていますか?

 

ハンカチ落とし、フルーツバスケット、椅子取りゲーム....

僕も小学生だったころは大好きでしたねー。

 

そのお楽しみ会ですが、ジャマイカではお楽しみ会の概念そのものが全然違ったので報告したいと思います。

続きを読む

協力隊として一年過ごした僕が感じた無力感とこれからの一年

こんにちは。フルタです。

 

ジャマイカに来て一年が経ちました。早いなあ。

 

ここしばらくブログを更新していなかったのは、なんだかやる気が起きずどよーんとした感じで日々を送っていたから。

もちろん活動でやるべきことはやっているんだけど、それ以外のブログ書くとか英語の勉強するとかどうしても気持ちが付いてこなかった。

 

一番の理由は、活動の中でのもやもやと無力感。

この一年間、状況を変えるために全力でやってきたつもりだけど、結局何をやっても変わらないんじゃないかと思ってきてしまいました。

続きを読む

ジャマイカ流がスゴイ!小学1年生の算数で超重要な「繰り下がりのない引き算」の教え方

こんにちは。フルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

 

僕は今ジャマイカの一年生に引き算を教えています。

 

ジャマイカではほとんどの子どもが引き算を指を使って学びます。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170616062938j:plain

観察しているうちに、同じ指を使った計算でも個人の習熟に差があること、そして習熟の早い子は一貫したルールを持って指を使っていることが分かってきました。

 

というわけで今日は、指を使った引き算の計算のやり方を徹底分析してみたいと思います。

続きを読む

指が十本しかないジャマイカの子どもが考えた「繰り上がり」の3つの解き方が面白かったので紹介します

 

こんにちは。ジャマイカで青年海外協力隊として算数を教えているフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

教員として算数や数学の教科を指導しているとき、当然その論理をどう教えるかということも面白いんですが、それ以上に面白いことがあります。

それは「新しい概念が出てきたときに、子どもたちがどう乗り越えようとするか」ということです。

今日はジャマイカの子どもたちから、そんな面白さを感じたことを書こうと思います。

続きを読む