読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃあ まあいっか

ジャマイカと算数と俺とエビ。。。

ついに始動の「たし算大改革プロジェクト」!僕のこれからの活動はこんな感じです!

こんにちは。ジャマイカで青年海外協力隊として算数を教えているフルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

ついに。ついに!僕の一年目の活動の柱、Make10プロジェクトがついに指導し始めました!

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170123014947p:plain

 

悩んで、悩んで、やっと見えてきた方向性と進む道!

 

活動の内容を人に見せるのは失敗を公開することになるかもしれないわけで、少し不安になるけど、アドバイスをもらえたり他の人とアイデアを共有できることだとも考えています。

思い切って公開します!逃げ場のないように!笑

こんなことしてんのかぁ~ぐらいで読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

目次

 

どんなプロジェクトなの?

足し算を大改革ってどういうことなの?と思う方も多いと思います。たし算の教え方なんて何でも変わらないでしょ?と。

ただ僕はジャマイカで半年間学校を見てきて、全学年での算数力の低さの原因の一つは、低学年の基礎的な指導の不十分さだと考えています。

 

ジャマイカ算数教育の問題点

なぜ、低学年の指導を変えた方がいいと思っているのかは、以前の記事で書いているので見ていただけたら有難いです。

furuta-yutaro-jocv.hatenablog.com

 この記事でも書いてある、「10のかたまり」で足し算を教える指導法をジャマイカの先生とチャレンジしていこうと思っています。

ただ、新しい指導法を取り入れることは本当に大変な作業になります。先生たちも今までずっとやってきた教え方を捨てて、一から勉強しなおさないといけませんから。

でも、ジャマイカの先生は前向きにチャレンジしてくれようとする先生も多く、やれると確信してます。

 

そのために、こんな感じで先生たちをサポートしていこうと思っています。

 

活動の進め方

一緒に活動を進めていくのは、ポートアントニオ小学校。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170124083501j:plain

最初は手広く薄くなるのが嫌だったので、みっちり一校にへばりついて活動することにしました。

選んだ理由は、理解力があって、前向きで、授業がうまい先生たちがいるから。この先生たちを見つけられたことが、ここまでの半年間の一番の収穫かな。

 

①指導案を元にプランニングセッション

まずは、先生に「こんな感じで授業しませんか?」と提案の指導案を見せます。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170124080645p:plain

まず、英語の間違いが半端じゃないらしい。笑

ひとしきり落ち込んだ後に、それぞれの授業の狙いやポイントを説明。すぐにかみ砕いて理解できる先生たちなので本当に助かります。

ここは、先生たちに算数科の授業への取り組み方を知ってもらえるチャンスなので気合を入れてます。

 

また、僕の元々の要請内容であったCalculation Timeのドリルについても、方向性をガラッと変えて一から作り直してトライしています。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170125073150p:plain

これまで概念的な部分の指導がなく、授業とは繋がりが見られなかったCalculationTimeのドリル。

数感覚を掴めるような内容にシフトしつつ、授業で学んだことをドリルで定着させるサイクルを作る狙いを持って作成しています。

 

②実際に授業をする

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170124084802j:plain

そしたら実際に授業。もちろん現地の先生が授業をします。

俺はサポートとして入ってますが基本的に、集中力の無い子どもたちに話しかけて回るただのおじさんになってます。

 

授業の中では、新しいCalculationTimeも連携して行っています!

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170120090908p:plain

 

そして何といっても、授業が面白い!

先生たちの授業の仕方、先生のアドリブ・工夫、全部参考になる。

そして子どもの習熟度の変化を見ているのはめちゃめちゃ面白い!

一つ一つの授業については、これから更新していこうと思います。

 

③授業ビデオを撮影する

加えて、授業中に先生の授業の運び方や発問等をビデオで撮影します。

目的としては、「振り返ること」「他の学校の先生とシェアすること」です。

 

ジャマイカには先生たちが教材研究を効率よくできる指導書のようなものがありません。

 

なんなら教科書にも間違いがたくさん。

来年もこの指導法を進めていくときに、授業のアイデアの一つとして他の学校の先生と共有していけたらと思っています。

 

そして、その動画は同期の隊員と作ったこのYouTubeページに載せていきます。

その名も、JaMatica。

これらを通して、自分の授業を振り返ったり人の授業を見ることの良さを感じてもらいたい。

今現在は、その習慣はほとんど無いといえるくらいですので。それが2年目に研究授業に繋がったらいいな。

 

④指導後のプランニングセッション

ここもすごく大事!同じ指導案を4人の先生に渡していますが、4人とも全然違う授業をします。

それぞれの先生の授業の進め方や良かったところを共有して、それぞれの先生が次の授業に活かす。

これも、お互いの授業について意見を交換し合う大切な場所。

その良さも伝えていけたらいいな。

 

活動のその後

こんな感じで、4月まで指導を続けていって、どれくらい成果が出たかをテストで分析します。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20170125074218p:plain

ジャマイカの従来の指導法で学習した一年生75人と、今回取り入れた指導法で指導した一年生75人を比較して、理解度がどのように変わったかを分析しようと思っています。

まあその結果によってそれからの活動を決まると思うので、それはまたその時まとめることにしよう。

 

まとめ

本当に簡単にまとめちゃいましたが、これが僕が4月まで実行していく活動です。まず、ここで一つテストの点数として成果が出たら最高だな。

まぁ、一番の目的は点数を上げることよりも先生たちに指導の狙いやポイントを知ってもらい、それをシェアしていくツールを作っていくことなので、地道に焦らずやっていこう。

 

ただの個人的な報告になっちゃいました。

でも、書いたことで自分の中では整理できたと思います!

これからも日々の勉強と活動、頑張ります!

 

追記;一回目の授業はこちら!

 にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ

 

こっちも読んでね。

furuta-yutaro-jocv.hatenablog.com

furuta-yutaro-jocv.hatenablog.com

 

 

Twitter(@Furuta_Jamaica)ではジャマイカの日常をツイートしてます。