じゃあ まあいっか

ジャマイカと算数と俺とエビ。。。

高級食材、伊勢エビを超簡単に捕獲する方法を紹介します!

どうも、こんにちは、フルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

僕のこのブログの海老のアイコン。なんでやねん、と思ってた方も多いと思いますが、実は僕、毎週エビをとっています。

こんな感じで。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221072603p:plain

イカは漁師の友達がくれました。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221074523p:plain

大漁!大漁!

日本では高級料理の伊勢エビですが、ジャマイカではすごく簡単に捕獲することができます!

下手したら日本でも捕れるかも?!

 

というわけで、本日は誰でもできるエビの捕り方をご紹介します。

 

用意するもの

素手ではエビは取れませんので、捕まえるために道具が必要です。

いつも僕が使っているのはこれ。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221073932p:plain

モリです。ゴルフクラブの先っちょにモリ部分を取り付けただけのシンプルな仕様になっております。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221074113p:plain

ちなみにくっつける作業は、くっつけてそうなお父さんがやってくれました。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221074233p:plain

光を見たら目がやられるぞ、といいながらガッツリ裸眼のお父さん。

よく見たら目をつぶってました。かわいい。

 

もしかしたら、このモリを入手することが一番難しいかもしれません。

先輩隊員にはフォークで捕ってたという強者もいましたが、その先輩の「おなかが空いたから、エビを捕ったその場で(海面で)食った」という話を聞いてこの人の真似は俺には無理だと思いました。

モリに加えて、シュノーケル・フィンがあればバンバンジーです。

 

 

いざ、海へ

道具が揃ったら、海へと出陣です。

「モリを持ったチャイナマンが歩いてやがる・・・」といいたげな地元住民からの好奇の眼差しを浴びながら歩くこと5分。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161004040732j:plain

こちらが僕の任地ポートアントニオの海です。

この右手に見えるネイビーアイランド島まで泳ぎます!

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221080623p:plain

水はこんな感じで、メッチャきれいってわけじゃないけど、まぁいけるくらいの清潔度です。

よく見ると魚がたくさんいるでしょう?

 

 

エビとのご対面

島周辺にくると、もうたくさんのエビたちが僕らを待っています。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221081225p:plain

こんな感じで、岩の下からはみ出しちゃってるお茶目なエビの触覚を探しましょう。

 

いた!!

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221081703p:plain

この写真の中に、エビちゃんかいます。

どこかわかりますか?

 

 

正解は・・・

 

 

 

 

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221081941p:plain

ここです。

 

 

 

実際に捕まえる

捕まえ方は簡単です。モリを近づけて、グッ!と突くだけです。

 

 

こんな感じ。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221083816g:plain

こいつは浅いところにいたので小さめですが、深いところに行くともっと大きい奴がいます。

 

うまく捕まえないと、こんな感じで逃げちゃいます。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221085452g:plain

ピュ~ン

 

 

実はこの写真の中にも何かがいます。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221084544p:plain

お気づきになられただろうか?

 

右下に、タコちゃんがいますね。

たこは自分の巣で貝を食べるので、貝がたくさん落ちていたらタコがいる。というサインなんだそうです。

食べたものをちゃんと片付けないと、見つかって痛い目に合っちゃうんですね。

 

将来子どもができたときに片づけを促すセリフで使おうと思いましたが、こどもはタコじゃないのでやめます。

 

 

タコも捕獲!!

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161221091235p:plain

 

こんな感じで捕ったエビとタコはマリネにして食べました。

 

 

まとめ

伊勢エビは日本では高級食材とされていますが、ジャマイカでは比較的簡単にとることができます。

命をいただいているわけですから、感謝して残さず食べようと思います。

ジャマイカにおこしの際はぜひ。

 

   にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ

 

Twitter(@Furuta_Jamaica)ではジャマイカの日常をツイートしてます。