読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃあ まあいっか

ジャマイカと算数と俺とエビ。。。

青年海外協力隊としての活動が楽しくて仕方がないです。

どうも、こんにちは、フルタ(@Furuta_Jamaica)です。

 

いやぁもう楽しい。突然ですけど。日々の活動が楽しくて仕方がないです。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161215080119j:plain

よく、協力隊は辛い部分やもがいているイメージが注目されやすいと思います。実際に自分も、そういう経験をして人間的に成長したいという思いがありました。

 

ただ正直いって、毎日が楽しい!辛さとかゼロ。

この時期にそう感じてきた理由を考えてみました。

 

 

何が楽しいんだろう

ジャマイカに来てもうすぐで半年。

任地にもすっかり落ち着いてきました。英語も少しづつだけど上達して、コミュニケーションもとれるようになってきました。

趣味のエビとりも楽しいし、知り合いも増えてきた。

でも、何が一番楽しい?って聞かれたら、やっぱり普段の活動だなぁ。

 

 

日本の教育との違い

日々の活動の中でワクワクする気持ちになるのは、多分、日本の教育との違いを感じたときじゃないかと思う。

  • 教室でお菓子食いまくってる
  • 子どもの集中力のなさがエグい
  • 先生がYouTube見てる
  • 答えわかってないのに手を挙げる生徒
  • ケンカの頻度が半端じゃない
  • 女子がめっちゃケンカ強い

いや、挙げてったらこんなもんじゃないけど、でもこういう日本にはないところを見るとやっぱり面白いなと思う。

 

特にケンカは本当によく勃発するけど、なんか見ててたくましいなと思ってしまう。

f:id:furuta-yutaro-jocv:20161215082445p:plain

サッカーしてたら、本当に5分に一回ぐらいどっかでケンカ勃発してて、なんか感心してしまった。

こいつら、どこでも生きていけそう。

 

 

足りてしまっている部分を見る

その中でも一番興味深いなと思うのは、算数教育に関する違いを見つけた時だなと思います。

正確に言うと違いというか、ジャマイカで足りていない部分を見ることで、日本で足りてしまっている部分が見えること。

 

ちとわかりにくいけど。

例えば、小学生の算数科の概念で「数感覚」ということばがあります。

この言葉を日本で聞いたとき、正直にいうとわかってるつもりになってたなぁと今では思います。なんか、数のイメージをもっていることなのかなぁ、くらいに。

 

ジャマイカで数感覚が育っていない子をたくさん見ることができて、日々思うのは

こういうことだったか!!!

ということ。

 

数を量として捉えられない子

1が10集まると隣の位にいくことが分かっていない子

24は10が2個、1が4個と捉えられない子

数を足し算的感覚でしか捉えられていない子

 

こういった子がたくさんいて、観察して、分析して、教えられる。

数感覚の意味を、実際の子どもから体感できる。

 

算数教育の指導書を何百回何千回読んでも本当の意味では理解できないことが、目の前で起きているというこの最高な環境。

そして、どうしたら解決できるかを自分なりに考察して、トライする。

失敗する。新たな課題に気付く。トライする。

 

楽しい。。

そりゃ、楽しいっすわ。

任国のために!と歯を食いしばって頑張ることも大切なのかもしれない。けど、自分の好奇心や興味が駆り立てられる活動が任国の助けになっていたら、最高だなぁとは思う。

 

伸び率がエグい

日本にいたときから教材研究とかすごく好きだったんだけど、ジャマイカに来てからはもっと好きになって来た。

その理由として一番感じるのは、途上国の教育は伸び率が半端じゃないってこと。

 

日本の先生は、相当レベル高い。世界から見て、85点とか90点くらいは行くだろうと個人的には思ってます。

それでも、まだ改善しようとする日本の先生たち。

仕事を”完璧にこなす”という概念があまりないジャマイカ人からは、信じられないことじゃないかと思います。

90点を95点に上げるために、必死に頑張っている日本の先生。プロフェッショナルだしかっこいい。でも、個人的にはすこし辛いだろうなと思う。

 

ジャマイカでは、今教育のレベルは40点とか50点くらいなのかな。でも、日本の先生と同じように一生懸命サポートすれば一気に上がる伸びしろがある

その伸びしろがあるからこそ、日々の変化が大きいし、それがやりがいにつながるのかなとも思う。

 

まとめ

途上国での教育はめっちゃ面白い!日本との違いや、日本で当たり前になっていて見落としがちな事を体感することができる。

そして何より、自分が一生懸命活動すれば現状は大きく変わるし、伸びしろが半端ない。

もっともっと勉強してジャマイカの力になれるように頑張ります。

   にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ

 

こっちも読んでね。

 

furuta-yutaro-jocv.hatenablog.com

furuta-yutaro-jocv.hatenablog.com

 

 

Twitter(@Furuta_Jamaica)ではジャマイカの日常をツイートしてます。